2017年3月23日 (木)

パサート・ヴァリアントの燃費

米原への往復で、パサートが走った距離は880Km。
だいたい800Kmが高速道で、80Kmが一般道。

車載コンピューターによると、この間の平均燃費は、16.9km/L

Dsc_0291

9割以上が高速道なわけだから、もう少し燃費が良くてもいいんじゃない?
とも思うが、行きも帰りも深夜の新東名。
割と良い感じで流れている。
その流れに乗り続けるには、そこそこアクセルを踏み込む場面も多々あり。

ま、こんなもんなのかもしれない。
奈良へ行った時の燃費もそうだったが、無給油で1,000Kmを走れる。
パサート・ヴァリアントの平均燃費、たいしたもんだな Manzoku Manzoku Manzoku

2017年3月21日 (火)

中山道69次の旅番外編 歴史的な文化財がオタクの聖地だった!

中山道六十九次の旅、29日目。
高宮宿を過ぎて、あと一里ほどで愛知川宿という辺り。
用を足したくてたまたま寄ったのが、旧豊郷小学校。

Img_20170319_132054

随分と立派な校舎だな。

Img_20170319_131921

講堂もすごい。

Img_20170319_131700

Img_20170319_124738

説明文を読んでびっくり。

Img_20170319_125411

本当にすごい、文化財なんだ!
用を足す程度で立ち去るような場所じゃない。
じっくりと見学していくことにした。

Img_20170319_131102 Img_20170319_131239

あちらこちらに配されている、ウサギとカメ。

階段を登って、二階も見学。

Img_20170319_130349

こう云う素晴らしい環境で勉強できたら、どんなに素晴らしい事だろう Manzoku_2Manzoku_2Manzoku_2

特別教室に展示されていた油彩。

Img_20170319_125923

左は乃木希典、右が東郷平八郎。

三階もあるみたい、と上ったら・・・
今までとは全く違った雰囲気。

Img_20170319_130732

ここ三階だけ、怪しげな若者(男)たちが沢山、見学してる Zannen

Img_20170319_130655

Img_20170319_130747

Img_20170319_130924 Img_20170319_130934

けいおん!と云うアニメの聖地だそうで・・・

Img_20170319_130634

秋葉原をウロついているのと同じ雰囲気を醸し出している若者がウロウロ。

Img_20170319_132040

広い駐車場に、あっちこっちのナンバーの車がたくさん止まっていたのは、このせいなんだな。

いや〜〜〜 びっくりした。
偶然知った、オタクの聖地 ZannenMaamaaZannen

で、翌日3月20日の朝に乗った近江鉄道。

Img_20170320_081230

ヘッドマークがオタクっぽい、と思ったら、車内はもっとオタク系。

Img_20170320_073838 Img_20170320_073929

Img_20170320_073638 Img_20170320_073650

Img_20170320_073703_2 Img_20170320_073721

Img_20170320_073945 Img_20170320_073959_2

Dsc_0270

近江って、オタクの聖地なんだなぁ。

Img_20170320_081441_2

未知の文化に触れて、面白かった Manzoku_3

Dsc_0278

帰りに通った時は、し〜んと静まり返った、素敵な教育的文化財に戻ってた Manzoku_3Manzoku_3Manzoku_3

2017年3月20日 (月)

中山道30日目 愛知川宿⇒野洲駅

米原駅07:30発の近江鉄道で愛知川駅へ。

Img_20170320_082348

8時20分、昨日旅を終えた所から出立すると、すぐに宿入口。

Img_20170320_082810

Img_20170320_083839

Img_20170320_084018

本陣や高札場の跡をすぎると、一里塚跡。

Img_20170320_084835

Img_20170320_085426

滋賀県内は、めちゃ歩きにくいし、めちゃ怖い。

Img_20170320_085923

愛知川を越えると、家並みが続く生活道路を歩く。

Img_20170320_090729

Photo

この辺は小川が多いが、大将軍なんて云う名前がついている川も。

Img_20170320_095248

大将軍川、どこに流れているのかわからなかった・・・

Img_20170320_100314

Img_20170320_100545

Img_20170320_101705

Img_20170320_102053

今回、児玉幸多先生の本「歴史街道トラベルガイド 中山道の歩き方」を持っていない。
ネットで検索した不確かな地図を二三種類見比べながら歩いて来た。
それでもどうにか歩けた。

今日も昨日も中山道69次資料館館長岸本豊氏が立てている「中山道」の矢印をまだ一度も見かけていなかった。

Img_20170320_102705

道なりに歩いていると、このまま右側の道に入ってしまう。
間違えてしまうだろう場所にはいつも、岸本豊館長が道標を立ててくれている。
危うく道を間違える処で、今日も、その道標に助けられた。
感謝!

このあと、農作業をしていたおばあさんと立ち話。
あの山の頂に立つのが近江西国三十三箇所の一つ、観音正寺だと教えていただく。
見晴らしは良さそうだが、山を登る体力の余裕は無いな・・・

Img_20170320_103745

どこまでも続き田園風景のど真ん中を歩き続ける。

Img_20170320_105423

Img_20170320_105815

Img_20170320_111457

Img_20170320_112917

Img_20170320_113104

武佐宿(64次)の入口を過ぎて脇本陣跡へ。

Img_20170320_113707


Img_20170320_113838

Img_20170320_114113

宿の中を歩き、本陣へ。

Img_20170320_114320

武佐の宿のはずれにある、武佐駅。

Img_20170320_114959_2 Img_20170320_115358_2 Img_20170320_115440

Img_20170320_120526

両側ともに歩道の無い国道を恐る恐る歩く。

Img_20170320_130318

12時半、疲れた体にプロテインを補給。
近江牛の焼肉 restaurant

Dsc_0238

柔らかくて、美味しくて、安かった ManzokuManzokuManzoku

Img_20170320_132727

Img_20170320_133858

日野川の武佐の渡し。
今は渡しも無いし、橋もない。

Img_20170320_134136

土手を歩いて国道8号線まで戻って国道の橋を渡る。
日野川を渡ったら、土手を歩いて渡しの対岸側まで戻る。

Dsc_0240

Dsc_0243

間の宿、鏡。

Img_20170320_144014

間の宿と云っても、東山道と呼ばれていた時代には、ここ鏡は宿として栄えていた所。
江戸幕府の街道整備によって間の宿になったが、町の規模は宿並み。

Dsc_0249_2

Dsc_0251

源義経にまつわる旧跡も多々ある。

Dsc_0252

道の駅 鏡の里で休憩。

Img_20170320_143924

この先、野洲駅まで歩いて、今回の旅を終えることにした。

Img_20170320_153318

Img_20170320_155722

古墳公園でもちょっと休憩。

Img_20170320_161939

Img_20170320_162147

東海道新幹線の高架下交差点をこのまま真っ直ぐ進む道が中山道。
16:20、私たちは交差点を右に曲がって、野洲駅へ。

Img_20170320_163032

16:30、野洲駅で今回の旅を終えた。

Dsc_0257

野洲駅16:44発のJR。

Dsc_0262

車窓からの景色を楽しむ。
佐和山城址へも行ってみたいな。

Dsc_0263

Dsc_0264

鉄道総研が見えたら、すぐに米原駅。
駅前駐車場に止めたパサート・ヴァリアントへ帰ってきた。


<今日の旅>

 約23Km
 約36,500歩
 08時20分→16時20分
  愛知川宿(65次)→武佐宿(66次) 約10Km
  武佐宿(66次)→野洲駅入口交差点 約13Km

Screenshot_20170320

 

2017年3月19日 (日)

中山道29日目 鳥居本宿⇒愛知川宿

家内が体調を崩して急遽帰宅した前回から約1年2ヶ月ぶりの中山道の旅。

Dsc_0224  Dsc_0229

米原駅8時35分発の近江鉄道に乗って鳥居本駅へ。

Dsc_0232

Dsc_0233_2

前回終了した、鳥居本さんあか。

Dsc_0234

8時50分、ここから出立。
見所がない道を Pokémon GO をやりながら、ひたすら歩く。

Img_20170319_090823

Img_20170319_092455

Img_20170319_092941

Img_20170319_102201

Img_20170319_103730

なんとなく歩いて、高宮宿に着く。

Img_20170319_104349

ちょっと休憩。

Img_20170319_105140

Img_20170319_111136

多賀大社の一の鳥居を通り過ぎて、表門が残る本陣へ。

Img_20170319_111721_2

Img_20170319_112500

宿はずれの橋を渡り、愛知川宿へ向けて歩く。

Img_20170319_113939

彦根市の市域を示すモニュメント。

Img_20170319_115339

昨年、彦根市に入る時に見た文字は、おいでやす彦根市へ。
今回、出る時は、またおいでやす。

Img_20170319_122945

私は、豊郷小学校前を通り過ぎた。
家内は、トイレを借りに入って行った。

Img_20170319_132133

豊郷小学校の話は、別の機会に。

Img_20170319_132417

一里塚を過ぎると伊藤忠兵衛記念館

Img_20170319_140411

Img_20170319_140224

Img_20170319_134834

Img_20170319_134131

Img_20170319_133857

Img_20170319_135348

丸紅と伊藤忠の創業家をゆっくりと見学した。
こう云う資料館で、入館無料というのも珍しいな。
さすが伊藤忠商事、太っ腹!

Img_20170319_141055

14時に遅めの昼食を摂り、愛知川宿まではもう少し?

Img_20170319_143840

Img_20170319_144607Img_20170319_144647_2

Img_20170319_144923

Img_20170319_150316

愛知川宿の入口に到着。

Img_20170319_150912

ここで、今日の旅を終了。
久しぶりの旅だったけれど、よく歩いたなぁ。

Img_20170319_152146

愛知川駅15:22の列車で米原に戻る。


<今日の旅>
 約14Km
 約25,000歩
 08時50分→15時10分
  鳥居本宿(63次)→高宮宿(64次) 約6Km
  高宮宿(64次)→愛知川宿(65次) 約8Km

Screenshot_20170322112020_3

2017年3月 9日 (木)

ドライブレコーダーのSDカード

パサート・ヴァリアントB8に載せたドライブレコーダー。
標準で付いてくるmicroSDカードの容量は、16GB。

Sd001

取説によると、FullHD/高画質で録画したら、約101分間、記録できるらしい。

先日、母と墓参りに行った。
行程の途中の様子を再生しようと思ったが、1時間半以上前の場面だったから、すでに消えていた。
事故等の他にも再生したい場面がある時には、101分じゃ足りない。
FullHD(200万画素)で撮影し、低画質に落とすと、148分程度。
HD(100万画素)に落として、高画質で撮っても、171分程度。

microSDカードを容量が大きい物に交換しよう。

JAFの調査によると、炎天下の車内温度は50度以上、ダッシュボード表面は80度近くになるそうだ。
ドラレコなど、使用環境(駐車中の車内温度)が厳しい場所で使うSDカードには、それなりの高耐久性能が求められるようだ。
SD自体の大きさや容量の多少の他に、書込速度や耐久性などの性能によって、選ぶカードの種類が違う事を初めて知った。
ドラレコの場合は、ふつ〜の安売り目玉商品のSDカードでは、ダメなんだ。

セルスターがオプション品として販売している、microSDXCカード 64GB GDO-SD64G1をネット検索してみると、15,000円前後する。
おいおい、こんなに高いのかい?

サンディスクのHPを見たら、高耐久力を謳ってた。

防水:水深1メートルの海水・淡水で最大72時間の耐久性
耐温度:「マイナス25度からプラス85度」の温度範囲内で動作する耐久性
耐衝撃と耐振動:最大500Gsの衝撃に対する耐久性
耐衝撃:5メートルから落下しても、5トントラックに轢かれても耐える
耐X線:空港のX線検査による影響を受けない

なるほど、サンディスク製のmicroSDXCカード 64GBを探そう。
型番:SDSQQND-064G-JN3IDを探した。
ヒットするのは、並行輸入品のSDSDQQ-064G-G46A。
日本向けの型番と、南北アメリカや欧州の型番とは違うようだが、仕様は同じ。
並行輸入品を日本で使うと保証の対象外だが、別に気にしない。
アマゾンよりも、楽天市場にアップされていた店の方が、はるかに安い。
あまりにも安いので、大陸系隣国人が作る偽物かな?と心配になった。
が、ここで失敗しても、ま・いっか!と許容できる、税込3,699円
この店のHP上でクリックした。

二日後に届いたサンディスク製 SDSDQQ-064G-G46A。

Dsc_0213

写真を撮る前に封を開けてしまったが・・・
どうやら本物らしい。

Dsc_0193

Sd002

ドラレコにセットして初期化フォーマットを行うと、そのまま常時録画モードに移行した。
正常に作動している。

これで、FullHD/高画質の録画モードが約400分になった。
6時間半以上の録画時間があれば、ドライブ途中の映像も残るかな ManzokuManzokuManzoku

2017年3月 6日 (月)

休みなのに・・・

土日出勤のあとに、せっかく取れた休みだから。
Bonneville T100 で三浦半島あたりにプチツーリング。
Passat Variant で道志あたりの温泉に。
なんて思っていたのに・・・

Dsc_0172

こういう時に限って、天気が悪い。
朝から雨 Zannen_2

頂いた白馬錦を呑んで、一日を過ごそう Manzoku_3

Dsc_0187

呑んで、散髪に行って、撮り溜めたビデオを観て、昼寝もして sleepy
ダラダラしているうちに、一日が過ぎた Zannen_3

夕方、家内が仕事から帰って来てから、買い物に出かけた。

Dsc_0178

Passat Variant を出す時、夕焼けが綺麗だった Manzoku_4

Dsc_0180

黄昏時、茜色に染まった西の空が美しいなぁ Manzoku_4Manzoku_4Manzoku_4

2017年3月 5日 (日)

メス♀のライチュウ

家内が、ポケモンGO 散歩をしようと誘ってきたので付き合うことにした。

とんがり帽子ピカチュウのメス♀を数匹捕まえた。

Pikachu_f_002

その内の一匹を さっそく、進化させた。

Raichu_f_001

ライチュウのメス♀は、尻尾の先が切れてる。

Raichu_m_001

ここだけが、オス♂とメス♀の違いかな。
ライチュウのオス♂の尻尾は尖ってる ManzokuManzokuManzoku

それにしても、ノクチの二ケ領はすごいな。

Nikaryou_yousui

ポケットモンスターはゾロゾロ出てくるし、行ったり来たりするだけでモンスターボールの補充は完璧だし。
隠れ聖地だな Manzoku_2Manzoku_2Manzoku_2

Bonneville T100 と桜

昨日も出勤だったが、今日も出勤。
暖かくていい天気。
今日みたいな日は、休みたかったなぁ。

で、悔しいから、休日気分だけでも味わおうと、ボンネビルで通勤。
行きに見かけた多摩川土手の桜、綺麗だった cherryblossom

帰りに桜の前で、記念写真 camera

Dsc_0165

Dsc_0169

Dsc_0166_2

もう春間近だな Manzoku_2Manzoku_2Manzoku_2

あ〜〜〜目がかゆい ZannenZannenZannen

2017年3月 3日 (金)

ピカチュウのメス♀をゲット

ピカチュウに、オス♂とメス♀がいるのは知ってた。
でも捕まえたのは、全部オス♂だった。

昨日までは全く出なかったとんがり帽子ピカチュウ。
今朝から出るようになった。

Screenshot_20170303231013

結局、今日は5匹、ゲットした。

で、よ〜く見たら、メス♀が一匹いた。

Screenshot_20170303231025

ふつ〜のピカチュウでもメス♀を捕まえられなかったから、今回が初めて。

本当に、尻尾の先がハート形なんだな heart01

2017年2月27日 (月)

Passat Variant の初回点検を終えて

今月9日納車された Passat Variant
藤野温泉東尾垂の湯、松坂と奈良明日香、そして昨日の山田牧場スキー。
あっちこっちに行ったから、3週間も経たない内に、1,970kmを走った sweat01

なので、今日は初期点検。
特に異常は無し、との事。
約1時間で終了。

この2週間半で気付いた Passat Variant の良い点と、問題点。

シートヒーターは、優れもの。

Dsc_0154

車内全体を温めなくても、座面と背面が暖かいので、眠くならずに快適。
背中の血行が良くなり、運転による筋肉のコリや疲れが癒される感じがする。
家内は、ポカポカして「よく眠れるシート」だと大喜び。
強中弱が選べ、中が心地よく、弱でも良い感じ。
強は暑すぎる。
この辺が強力なのは、さすが寒い欧州育ちの車だな。

シート形状がめちゃ良い。
太もも裏、お尻、腰、背中にぴったりフィットして、支えてくれる。
長時間運転(奈良往復1,000kmの旅)をしても、腰や背中が痛くなる事もない。
と・て・も、良いシートだ。

一番の問題点はアイドリングストップの制御ソフトの出来の悪さ。

極めて狭い道で角を曲がる時などは、歩く速さよりもゆっくりなスピードで走りたい。
しかし、止まる寸前程度のスピードで走ると、アイドリングストップが効いてしまう。
なので急にパワステが、昭和の頃の重いステアリングになってしまう。

走り続けようとアクセルを踏むと、一気にエンジンがかかり、ビュンと飛び出そうとするから、慌ててブレーキを踏むことになり、またアイドリングストップが・・・。

細い道の曲がり角で、こういう時に限ってそばに歩行者がいて、急にエンジンがかかる音にびっくりして・・・エンジンふかして脅かされたと、にらまれる事も。

エンジンかけるたびに、アイドリングストップのキャンセルボタンを押せばいいんだろうけれど、車が完全に停止するよりも前にアイドリングストップがかかってしまう、制御プログラム自体に問題があると思う。
自然環境に優しいよりも、歩行者にも優しい安全性を重視してほしい。
この辺は、ソフトウエアの作り込みの悪さだと思うから、ソフトウエアのバージョンアップでぜひ改善してほしいな。
と、ディーラーの整備担当者に伝えた。
しっかりと本社へ意見が伝わるかな?

なぜ?と思うのが。
デイライトの点灯が出来ない事。
安全性を重視するならば、二輪車のヘッドライト常時点灯と同様に、自動車も常時点灯(デイライト)をすれば良い。
本来の欧州仕様にはその機能が付いているはず。
なのに、なぜか日本仕様からは外されている。
この点も点灯できるように改善してほしい。
だが、たぶん、フォルクスワーゲンの問題と云うよりも、国交省のバカ役人が何も考えずにただ規制しているだけだと思う。

ネットで調べてみた。

Dsc_0162

アイドリングストップの解除も、デイライト化も、コーディング(coding)で対処できるみたいだ。
最近の車は全てソフトウエアが管理している。
自動車と云う機械ではなくて、動くコンピューターに近い。
制御の中枢部に手を加えることに、少々不安がある。
コーディングでソフトウエアを書き換えると云うか、パッチ(patch)を当てるためには、それが完璧なプログラミングなのかを知る必要がある。
しかし、それが正しい物なのかを知る手段も知識も、私は持っていない。
どこの店でやってもらうのか、どの商品を買って自分でやるのか?
評判に頼るしかないのか?
判断に迷うな・・・

ドリンクホルダーも不満。
GOLFの時も思ったが、なんでドリンクホルダーがセンターコンソールにあるの?
ここにペットボトルを置いたら、邪魔でしょうがないじゃん!

第三京浜で、港北ICを降りたらすぐの、maniacs(マニアックス)へ行ってみた。

Dsc_0149

Dsc_0151

COXのドリンクホルダーについて聞く。
やはりPassat用は存在しないそうだ。
Golf用だと形状が合わないそうだが・・・自分で加工してみるか?

コードテックが出している PLUG CONCEPT!シリーズ。
このシリーズの DRL!(デイライト化)
ISC(アイドリングストップ・キャンセル)
を買うか?

Dsc_0161

DRL!が 16,200円
ISC!が 10,800円
合計で27,000円か。

検討する余地あり、だな。

家に帰ったら、オドメーターが 2,000kmを超えていた。
ちょっと乗りすぎだな sweat01

いつまでも乗っていたい、
どこまでも乗って疲れない、
いい車だって云う事。

Passat Variant B8 Eleganceline いい車だな ManzokuManzokuManzoku

«山田牧場スキー場 yamaboku

無料ブログはココログ

最近のトラックバック